早漏はオナニーに原因あり! やり方を変えれば治ります

 

私も昔は早漏でした。
いろいろと早漏対策を試しましたが、一向に治りませんでした。
なぜなら、根本的な原因をつぶせていなかったからです。

 

私の早漏の原因は、どうやらオナニーの仕方にあったのです。

 

このサイトでは、間違ったオナニー方法と、早漏を治すための正しいオナニー方法を
お教えします。

 

早漏の原因はオナニーにある!

 

なぜ早漏なのか?冷静に考えてみました。

 

早漏の原因は諸説ありますが、一番の原因はオナニーの仕方にあるのではないか
と思いました。

 

 

あなたのオナニーの時間はどれくらいでしょうか?

 

15分!と答えた人はきっと早漏ではないはずです。
おそらく1分、長くても5分くらいではないでしょうか。

 

私なんか早い時は10秒で抜いていました。
よく考えたら、オナニーが10秒で終わる人が、
SEXで15分以上もつはずがありません。

 

SEXも自慰行為も、射精するという意味では全く同じです。
オナニーですぐイッてしまう人が
SEXだけ長持ちするなんてことはないはずです。
(もちろん、例外として、早漏ではない人でも、
めちゃくちゃタイプの女優だったり、お気に入りのおかずであれば、
早くイッてしまうことはあるでしょうが。)

 

つまり、早漏の人は、普段のオナニーからして早いので、
本番のSEXにおいても早くなってしまう
のです。

 

 

では、なぜオナニーが早いのでしょうか。

 

そもそもが早く出そうとしているからです。

 

すっごくセクシーな女優が喘いでる動画をみて、
興奮して「抜きたい!」と思ったとしましょう。

 

男にとって射精が快感のピークですから、
”早くこの女優で出したい!”欲求に駆られます。

 

そして、興奮に身をまかせた結果、
短時間で射精してしまうのです。

 

 

これが実際のSEXであれば、相手がいるので、
なんとか射精を我慢してがんばろうとします。
ところが、自慰行為では相手が不在なので、
自分の好きなタイミングでドピュッと出せます。
射精を我慢する理由なんてありませんから。

 

このようにして早く抜く癖がついた結果、
早漏になってしまったのです。


早漏を治すためのオナニー方法とは?

 

では、どうすれば早漏を治すことができるのでしょうか。

 

原因がオナニーなわけですから、オナニーのやり方を変えるしかありません。

 

以下、早漏を治すためのオナニー方法を紹介します。

 

 

スタート・ストップ法

 

 

スタート・ストップ法は超有名な早漏治療法です。
何の根拠もないインチキな方法ではなく、
アメリカの科学者が開発したトレーニングなので、
一定レベルで信用できます。

 

やり方はシンプル。

  1. 自慰の時にイキそうになったらすぐさま手を止めて、我慢する
  2. 我慢できたら、また手を動かす
  3. またイキそうになったらすぐさま手を止めて我慢する

これを繰り返すだけです。

 

前に言いましたように、
オナニーの時はパートナー不在のため、
そもそも射精を我慢するという発想がありません。
このように意識的に射精を遅らせる癖をつけなければ、早漏は治らないでしょう。

 

スタート・ストップ法では特に具体的な指示はありませんでしたが、
できれば毎回オナニーの時間を計測するのがおすすめです。
記録をつければ、どれくらい早漏が改善しているのか
実感が湧きますし、何よりモチベーションになります。

 

 

オナホールを使う

 

 

普段オナニーする時は自分の手でやっている場合が多いと思います。
しかし、早漏を改善するためには、
できれば素手ではなくオナホールを使った方がいいです。

 

手コキと実際のSEXでは、感触が全然違います。

 

自分の手でやる場合、
ガシガシと強く擦りつけるようにします。
一方、実際のSEXでは、
ヌルヌルとした膣が締め付けてきます。

 

ペニスへの刺激の種類が違うんです。
なので、手コキには我慢できても
膣に挿入すると我慢できない人は、少なからずいます。

 

オナホールは、実際の膣の感触に似せて作られています。
なので、オナホを使ってオナニーすれば、SEXの予行演習になるんです。

 

 

オナホといってもTENGAなどの使い捨てタイプはおすすめできません。
やはり使い捨てタイプより、洗って何度も使えるタイプの方が、
よりリアルにできているのでおすすめです。

 

 

ガーゼを使う

 

 

オナホを買うにはお金がかかりますし、
毎回洗うのが面倒だと感じる人もいるでしょう。

 

そんな人は、オナホの代わりにガーゼを使ってもいいです。

 

普段オナニーする時は、素手もしくはティッシュでおこなうと思います。
このやり方のデメリットは、摩擦によってペニスを傷つける恐れがあることです。
素手やテッシュは乾燥しており、あまり強く擦ると、
あそこを傷つけます。

 

なので、代わりに湿ったガーゼを使うのです。
ローションで湿らせたガーゼを使えば、あそこを傷つけることなく、
安全にトレーニングできます。
さらに、この方法の良いところは、ピンポイントで敏感な部分を鍛えることができることです。
亀頭や裏筋といった部分だけを狙ってガシガシ鍛えられます。
(これがテッシュだったら、ペニスに負担がかかるのでできません。)

 

リアルな感触ではオナホールより劣りますが、おすすめの方法の1つです。

AV男優が教える早漏対策とは?

 

以上を簡潔にまとめると

  • オナニーでイキそうになったら我慢する習慣をつける
  • オナホールかガーゼを使用するのがいい

ということでした。

 

この方法で早漏は治るかもしれません。
ただし、根気は必要です。

 

私自身、実際に試したことがあります。

 

まずはじめにやったのがスタート・ストップ法です。
単純にイキそうになったら我慢するだけの訓練ですから、
簡単だと思っていました。
しかし、実際には、イク寸前で我慢することはかなり難しかったです。
2日で挫折しました。

 

続いてやったのが、オナホールによるオナニーです。
膣の感触に慣れるという意味では、効果はあったと思います。
しかし、オナホの感触が想像以上に気持ちよく(笑)
我慢することが難しかったです。
これも数日で挫折しました。

 

 

挫折することなく、しかも短期間で治す方法はないのか。

 

 

そう思っていた時にネットでたまたま見つけたのが
AV男優スパーキー佐藤の早漏対策です。

 

現役AV男優が教える早漏対策ということで興味をもち、
実践してみることにしました。

 

 

AV男優のスパーキー佐藤も、オナニーのやり方を変えることをすすめています。
ただし、やり方がちょっと特殊です。
最初はいまいちやり方がわかりませんでしたが、
見よう見真似で、なんとかコツをつかめました。

 

さらには、オナニー方法だけでなく、
興奮をおさえるテクニックなどの対策もありました。

 

 

最初の3日間くらいは効果を実感しませんでしたが、
はじめて1週間目くらいからオナニーの時間が明らかに延びました。
前は10秒足らずで抜いていたのが、
8分くらいは持つようになったのです。

 

2週間目には自己最高記録の15分を達成しました。

 

 

オナニーの訓練で自信をつけて、そのまま彼女とSEXしてみたところ、
やはり15分は腰を振っていられました!

 

長年悩んでいた早漏がわずか2週間で完治してしまいました。

 

 

もしあなたが挫折することなく短期間で早漏を治したいのであれば、
AV男優の早漏対策トレーニングをおすすめします。

 

以下のサイトに詳細が書いてあります。
    ↓↓

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤が教える早漏対策