オナホールでシコシコするだけで早漏が治るって本当?

 

オナニーの際にオナホールを使うと早漏が改善されるという噂があります。

 

実際にはどうなのでしょうか。

 

私は昔早漏で、オナホールを使って早漏をなんとかしようとした
経験がありますので、実態を暴露していこうと思います。

 

早漏がオナホールで治るのはなぜ?

 

結論から言いますと、オナホールを使えば早漏が改善する可能性が高いです。
ただの噂ではありません。

 

もちろん、きちんとした根拠も存在します。

 

 

オナニーもセックスも、最終的には射精をするわけですが、
「性器が受ける刺激」という点では大幅に異なります。

 

 

まず、セックスの場合は性器を膣に挿入して動かす事になります。

 

愛液によるヌメリとしっとり感、温かさ、柔らかさ、締め付け……。
などの刺激が組み合わさった、えも言われぬ刺激が性器に加わります。

 

 

では、自慰の場合の刺激はどんなものでしょうか。

 

オナニーは普通は手でしごくはずです。
乾燥したティッシュや手を使って、シコシコしてペニスを刺激する事でしょう。

 

冷静に考えれば、セックスで受ける刺激とは完全にベクトルが違いますよね。

 

 

 

要するに、それぞれで刺激のタイプが違い過ぎますから、
オナニーの時の射精までの時間が長かったとしても、
膣ではすぐに射精してしまうという可能性が出てくるという事です。

 

 

ですが、オナホールは女性の膣の感触に近い、
つまりはセックスの時に近い刺激を受けられるというわけですから、
オナホールを使えば、早漏改善の訓練ができると言えるのです。

 

 

使った事がない方からすると想像が付かないかもしれませんが、
近年のオナホールはかなりクオリティが高く、女性の膣の感覚に非常に近いです。
「膣よりも膣らしい」と語る人さえいるくらいです(笑)。

 

そんなオナホールがあれば、
実際のピストン運動に近いトレーニングをする事が可能です。

 

では、具体的にはどのように訓練していけば良いのでしょうか。

 

オナホールで早漏を改善するには?

 

オナホールを調達する

 

まずはオナホールを調達します。

 

ここでは、繰り返し使用できる形式のオナホールを使うようにしましょう。
使い捨て形式(テンガなど)のオナホールとは
比べ物にならないくらいに、膣の感触に近いからです。
洗浄する手間を差し引いても、使っていく価値があります。

 

それから、ローションも調達しておきましょう。

 

繰り返し使用できる形式のオナホールには、大抵ローションは仕込まれていません。
ですから、自分で性器に塗りましょう。

 

いわゆる「オナペット」を準備する

 

そして「オカズ」、つまりオナペットの準備をして下さい。

 

実際のセックスが想像しやすくなるので、アダルトビデオなどが最適です。

 

どんなアダルトビデオでも構いませんが、あまりにも
特殊なプレイをするアダルトビデオは止めておくべきでしょう。

 

できるだけ、普通のセックスをするオーソドックスな
アダルトビデオを使うようにした方が良いと思います。

 

オナホールの感覚に慣れる

 

アダルトビデオなどの準備が済みましたら、
オナホールにローションを仕込んでペニスを入れます。

 

入れましたら、そのまま3〜5分くらい動かず我慢して下さい。
すぐに上下させたくなるでしょうが、こらえましょう。

 

しばらく待つ事で、オナホールの中の温度が
体温に近づいていきますし(女性の膣内は暖かいですよね)
オナホールの感覚に慣れていくことができます。

 

 

なんにせよ、いきなりオナニーを何分も継続するのは恐らく無理なので、
オナホールの感覚に親しむだけでも初日はOKです。

 

オナホールでピストン運動をしてみる

 

先ほど言った「数分間待つ」ことに慣れたら、次の段階に進みましょう。

 

今度は、オナホールでピストン運動をしてみるのです。
そして、射精しそうになったらこらえます。

 

射精をこらえるコツとしては「全然違うことを考える」ことと、
「ピストンをストップすること」があります。

 

射精までの時間を毎回メモする

 

訓練はやりっぱなしではいけません。
ストップウォッチなどでその都度時間を計測し、メモを残すようにしましょう。

 

そうすることで、自分の成長が分かります。

 

 

オナホールの快感はすさまじいので、
慣れないうちはすぐに射精してしまうと思います。

 

ですが、投げ出さずに訓練していけば、
だんだんイクまでの時間が長くなっていきます。

 

早漏の方は、まずは10分を目指しましょう。

 

早漏が必ずオナホールで改善するわけではない

 

オナホールによるトレーニングを継続していけば、
実際のセックスでも「あ、長くなったな」と実感できるはずです。

 

軽い早漏の場合は、これだけで早漏を卒業できるケースもあります。

 

 

ただ、
オナホールで訓練しても、早漏が全然治らない場合もあります。

 

なぜなら、
オナホールを使用するかどうかに関わらず、
この形式の早漏改善訓練の本質は
「オナニーで射精するのをこらえる」事にあるからです。

 

つまりは根性論でしかなく、重い早漏の場合は気合いだけで
射精をこらえる事などできないのです。

 

 

オナホールで訓練しても早漏が治らないのであれば、
もっと本腰を入れて別の方法を試してみるべきでしょう。
こちらの記事で紹介しています。

 

早漏 オナニー